必見!クラウドを使った勤怠管理とは?

安心して働ける環境を守るために

残業の量や有給休暇の消化率など、社員の働き方に対する企業側の配慮は、会社そのもののイメージを決定づけるものになってきました。
かつての高度成長期時代のように、寝る間も惜しんで社員をがむしゃらに働かせるというのはもはや時代遅れになりつつあります。それよりも、いかに効率的に生産性と利益を上げながら、社員のプライベートを守るのかが重視されるようになってきました。
その点で大きな成果を上げるのが勤怠管理のクラウド化です。この技術の導入によって、会計にかかる人件費やコスト、スケジュール管理の事務による調整の手間を大幅にカットできます。すべての社員の労働の時間と状態を数にかかわらず瞬時に把握することができますので、大切な給料に関わるミスやトラブルなども防ぐことができます。

会社にも社員にも健全なワークスタイルを実現

勤怠管理をクラウド化し、タイムレコーダーをアプリなどで社員全員が使えるようにしておけば、曖昧だった労働時間も明確にさせることができます。たとえば外回りや出張など、オフィスの外での仕事があった場合、どこからどこまでが労働時間なのか把握するのが難しい場合があります。クラウドの勤怠管理を使えばその場で上の指示を仰いで、すぐに打刻をすることが可能です。一昔前のように出先から戻って、わざわざ書類によって提出する必要がなくなります。企業側にとっては、後に時間を誤魔化されたり、虚偽の記載をした不正な報告書を提出されるようなリスクを防ぐメリットもあります。
残業時間の上限を企業側が設定をすることもできますので、社員の働きすぎを防ぐこともできます。